安いゲームPCとは、なんだ?

「安いゲームPC」と聞いて、誰もが思い浮かべるのは「価格の安さ」だと思います。 「安い=価格が安い」ということですよね。

多くの方は勘違いしていないと思いますが、勘違いしている方がもしいると、大変なことになりますので、 このページで説明しておきます。

「欲しいパソコンのスペックは、ある程度決まっているので、そのパソコンを少しでも安く購入したい。」

こんなふうに思っている方は、このページの以下を読まなくても大丈夫です。 是非、他のページを参考にして頂き、納得のいくパソコンを手に入れてください。

もしも、ただひたすらに安いゲームPCが欲しい!」と思っている方がいるなら、 以下の内容を参考に、「安い」の意味を考えてみてください。

パソコンにはスペック、ランクがある!

安いゲームPCとヒトコトで言っても、その意味は二つあります。

3万円台の激安パソコンなど「とにかく安いパソコン」と、 一般的に10万円するパソコンが8万円で購入出来るなどの「お得感のある安いパソコン」です。

パソコンにはスペック(性能)と言うものがあるので、それによって価格も変わってきます。 一般的には、ハイスペック(高性能)なほど価格も高く、逆にロースペック(必要最低限の性能)のものほど価格は安くなります。

つまり、ただ単に安さだけを追い求めて、安いパソコンを購入しても、「やりたいゲームは出来ない可能性がある」ということです。

安いの意味

もう、お分かりだと思いますが、安いゲームPCの「安いの意味」は、 「欲しいスペックのパソコンを、少しでも安く購入すること」です。

余談かもしれませんが、「格安、激安、割安、お得」などの言葉も、 感覚の違いはあると思いますが、意味としては同じです。

相場15万円のスペックパソコンが、12万円で購入できれば、「安い」ですよね。 もし、相場15万円のスペックのパソコンが、14万円でも「安い」ですよね。

「安いの意味」はこんなことであり、けして、価格が0円に近づくことではありませんので、注意しましょう。

安いゲームPCの「安いの意味」を、勘違いしていないことの確認、もしくは理解できたのならば、 当サイトの他のページも参考にして、快適にゲームが満喫できる、安いゲーム用パソコン選びをスタートさせましょう。