「G-tune」とは「マウスコンピューター」のゲーム用パソコンのブランド名です。 ですので、このページでは、「マウスコンピューター=G-tune」として説明させていただきます。

マウスコンピューター(G-tune)の安さの秘密

実際に他社のパソコンと、マウスコンピューターを、同じスペックのパソコンで比べてみればわかるのですが、 マウスコンピューターの価格の安さが、他社のパソコンに負けることは殆どありません。

ここで疑問がうかびますよね。「なぜ、マウスコンピューターは安いのだろう?!」と・・・。 いくつか考えられますが、マウスコンピューターの方に聞いた話をもとに、簡単に説明します。

パソコンショップのパソコンの安さの秘密が、在庫を抱えないBTOパソコンであることは有名な話ですが、 マウスコンピューターの安さの秘密として、一番大きな要因として上げられるのは、 在庫を抱えないBTOパソコンであることも含めた、徹底した一括管理と合理化にあると思われます。

マウスコンピューターは、パーツの仕入れ、生産や在庫管理にいたるまで、徹底的な合理化をはかり、 コスト削減に成功しています。

ちょっと、わかりにくいと思いますので補足します。パーツの仕入れは一度に大量にすることで単価が安くなります。 かといって、無駄な数量を仕入れては意味がありません。 この辺のバランス管理がちゃんと出来ているから無駄がない。ということです。

「無駄がない=無駄な出費がない」ということで、製品に対してその無駄のなさが価格として反映されてくるのです。

マウスコンピューターは、ロープライス(低価格)+ハイクォリティー(高性能)を、 真剣に追い求め、誇りを持って挑んでいるメーカーです。だからこそ、他社には真似できない価格設定が可能なのです。

マウスコンピューターの安さの答えは、「安さを追及し、それを実現させるための企業努力が成功している。」 ということになるのではないでしょうか。

中には、「安いパーツばかり使っているのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、 CPUやグラフィックボードなど、ブランド名を押し出している商品に安いも何もありません。

「安いパーツ」と言われて思いつくのはメモリなどですが、そのがノンブランドかブランドかで、大きな差はあるのでしょうか? 同じ容量で同じ処理速度なら、性能に差はないと思うのですがいかがでしょう。 差があるとすれば価格だけです。(実際にマウスコンピューターで使われているメモリが、ノンブランドなのかどうかは未確認です。)

いずれにしても、同スペック(メモリもノンブランドで統一すると仮定)で、 他社に負けないパソコンの価格を、マウスコンピューターが叩き出しているのは事実です。

素直にマウスコンピューター(G-tune)の安さ、コストパフォーマンスの良さに感謝しつつ、 その恩恵にあずかるのが賢い選択だと思いませんか?

続いて、マウスコンピューター(G-tune)の魅力について説明していますので、興味のある方はこちらへ → マウスコンピューターの魅力は?

マウスコンピューター「G-tune」の公式サイトはこちら → G-Tune